ワゴンR ムーブ 比較

ワゴンRとムーブ

ワゴンR,ムーブ,比較

ワゴンRのライバルといえば、会社ぐるみでライバル関係にあるダイハツのムーブでしょう。

 

ムーブはワゴンRと同様にトールワゴンのボディを持ち、標準モデルのムーブとターボエンジンモデルを搭載したドレスアップモデルのムーブ・カスタムが用意されています。

 

どちらも比較的若年層に人気のある軽自動車で、
広い車内空間は少人数のファミリーカーとしても重宝されています。

 

ワゴンR,ムーブ,比較

このライバル関係にある2台の最大の特徴は
新たな低燃費技術を搭載しているということです。

 

ワゴンRは「エネチャージ」やアイドリングストップ機構、「エコクール」などの「スズキ・グリーン・テクノロジー」、対してムーブは、エコアイドルやCVTサーモコントローラー、低燃費エンジンの採用などの「e:sテクノロジー」をそれぞれ搭載し、軽自動車がかつて実現できなかったような燃費を持つ車となっており、その性能は両車とも非常に優れたものとなっています。

 

使い勝手などは非常によく似ているので購入する側にとっては悩みの種になりますが、
決定的に違うのが低燃費に対するスタンスの違いで、それが車を選ぶうえでの大きな要因となりそうです。

 


ワゴンR,ムーブ,比較

ワゴンR,ムーブ,比較
  • 軽自動車は人気なので安くならない
  • 新車の値引き額は相場が決まっている
  • 販売店に下取りしてもらおうと思っている
そう考えているあなたは、余分にお金を支払うかもしれません。

ワゴンR,ムーブ,比較

ワゴンRとムーブのライバル比較関連ページ

グレード構成
スズキのワゴンRシリーズには、ノーマルワゴンRとドレスアップモデルのワゴンRスティングレー2タイプがあります。
モデルチェンジ
ワゴンRは現行が5代目になります。大きな変化は、ワゴンRスティングレーの登場と低燃費化にあると言えるでしょう。
燃費
スズキ独自のスズキ・グリーン・テクノロジーという低燃費技術が驚異的なワゴンRの低燃費性能を実現化しました。

このページの先頭へ戻る