バモス グレード

バモス、バモス・ホビオ、バモス・プロから選ぶ

バモス,グレード

ホンダのバモスには3種類のタイプがあります。
1つは標準ボディにバモスシリーズのベースとなるバモス、ハイルーフ仕様のレジャーモデルのバモス・ホビオ、そしてバモス・ホビオのボディを使った商用バンであるバモス・プロです。
それぞれにはグレードが設定されていますが、どのバモスも単一グレードでバモスとバモス・ホビオは「G」グレードのみ、商用バンのバモス・プロはグレード名はありません。
従って、バモスシリーズを購入する際にグレードの選択をすることはできないので、結果的にバモスかバモス・ホビオかバモス・プロかを選ぶことになります。

 

以前は、バモスもバモス・ホビオも複数のグレードが設定されていたのですが、バモスシリーズ自体が13年以上持つ続くモデルであることや新しい時代の軽自動車である「N」シリーズが発売されたことによって、グレードも縮小されたのです。
ただ、縮小されてグレード選択ができなくなったといってもそのグレードの装備などは意外と充実されており、このクラスで120万円台から140万円台という価格帯であれば納得のいくものとなっています。


バモスのグレード関連ページ

モデルチェンジ
バモスシリーズの元祖は、1970年に発売されたバモスホンダです。バモスホンダは、レジャー用の車の元祖で、1973年までの間発売されていました。
燃費
生産終了もささやかれており、これ以上の燃費装備の装着は望めませんので、15.8km/Lという値がバモスシリーズの最高の燃費と思うしかないようです。
ライバル比較
バモスのライバルと言うなら、スズキのエブリィ・ワゴン、そのOEM車であるマツダのスクラム・ワゴン、ダイハツのアトレー・ワゴンということになりますが、なかなか比較にはなりません。

このページの先頭へ戻る