タント グレード

タントのグレード構成

タント,グレード

タントシリーズは3グレード×2タイプ

2013年10月の新しくなったタントシリーズの標準モデルであるタントのグレードは、軽自動車の割には豊富な設定がされています。
基本的なグレード構成としては、廉価グレードの「L」
キーレスエントリーやキーフリーシステム、、オートエアコン左側パワースライドドアなどを追加した標準グレードとなる「X」
更にタントにつけることができる装備をすべて持った最上級グレートなる「G」の3種類ですが、
それに安全装備であるスマートアシストを装備したものとして、それぞれ「L"SA"」「X"SA"」「G"SA"」が用意されています。

 

どのグレードのエンジンやトランスミッションなど走りに関係する部分は全く同じなので、装備によってグレードを選ぶという事になります。
どのグレードも2015年あたりまでに登録すればエコカー減税措置によって、自動車取得税・重量税が免除されます。
価格帯は、117万円から146万円と、ママさん車としては標準的なもので、金銭的に気にするところはないでしょう。


タントのグレード関連ページ

燃費
タントの燃費は、低燃費技術e:sテクノロジーが搭載されていることで、広くても低燃費を実現しました。
モデルチェンジ・マイナーチェンジ
タントシリーズが発売されたのは2003年11月のことです。
ライバル比較
タントシリーズの最大のライバルといえば、スズキのスペーシアです。

このページの先頭へ戻る