ステラ 燃費

イーステクノロジーで燃費がさらに向上

ステラ,燃費

スバルのステラシリーズは、ダイハツのムーブのOEM車ですが、新しくなった「e:sテクノロジー」のしっかりと受け継ぎました。
今までミラ・イースに搭載してきた様々な低燃費装備に加えて、エンジン停止時間が長くなったアイドリングストップ機構のエコアイドルにCVTオイルの温度管理を行うCVTサーモコントローラーのおかげで、JC08モード燃費で29.0km/Lとハイブリッドカーのような電動モーターの動力を使ってでなければなしえなかった優れた低燃費性能をガソリンエンジンのみで達成しています。
マイナーチェンジ前のモデルでも27.0km/Lと決して悪くない燃費性能を持ち合わせていたのですが、更に2km/Lも燃費が伸び、もう少しで30km/L台突入かと思わせるところまで来ました。
燃費の数値を見ても素晴らしいことだと思いますが、何よりもガソリンエンジンのみでこの燃費を記録したということのほうが非常に重要なのです。
もちろん軽自動車という小さなエンジンだからということもありますが、これがさらに進化して行ってのちに、普通自動車の大きなエンジンでも似たような燃費性能を発揮することが可能になる日も近いことでしょう。


ステラ,燃費

ステラ,燃費
  • 軽自動車は人気なので安くならない
  • 新車の値引き額は相場が決まっている
  • 販売店に下取りしてもらおうと思っている
そう考えているあなたは、余分にお金を支払うかもしれません。

ステラ,燃費

ステラの燃費関連ページ

モデルチェンジ
現行のステラとステラ・カスタムは、2011年に発売された2代目ステラシリーズとなっていますが、2012年12月に行われたムーブのビッグマイナーチェンジによって同じく大きく変化を遂げました。
グレード
ステラのグレードは系統別に分けると3つあり、ステラの「L」、ステラ・カスタムの「R」、そしてステラ・カスタムの中のターボモデルである「RS」となっています。
ライバル比較
ステラシリーズのベース車両となるムーブの最大のライバルといえばスズキのワゴンRですが、そのワゴンRにもOEM車としてスズキ以外の自動車メーカーから販売されているマツダのフレアという軽自動車があります。

このページの先頭へ戻る