ステラ グレード

ムーブに準じた3系統のグレード

ステラ,グレード設定

ステラシリーズのグレード構成は、ベース車両のムーブに準じたものとなっています。
系統別に分けると3つあり、ステラの「L」、ステラ・カスタムの「R」、そしてステラ・カスタムの中のターボモデルである「RS」となっており、「L」にはベースグレードの「L」にダイハツの最先端技術であるスマートアシストが付けられた「Lスマートアシスト」、キーレスアクセス連動式電動ドアミラーやオートライト、本革ステアリング、オートエアコンなどの豪華装備が付けられた「L Limited」、更にスマートアシストと豪華装備ともに付けられた「L Limitedスマートアシスト」が用意されています。

 

ステラ・カスタムの「R」には、ムーブ・カスタム相当の特別な外装パーツが与えられており、標準モデル「R」とそれにスマートアシストがつけられている「Rスマートアシスト」があり、それとは別にターボエンジン搭載の「RS」が存在します。
「RS」は基本的なものは「R」のものと同じですが、MOMO製のステアリングホイールに4スピーカーシステム、専用サスペンションに太径のスタビライザー、15インチアルミホイールで足元を固めています。


ステラのグレード設定関連ページ

モデルチェンジ
現行のステラとステラ・カスタムは、2011年に発売された2代目ステラシリーズとなっていますが、2012年12月に行われたムーブのビッグマイナーチェンジによって同じく大きく変化を遂げました。
燃費
スバルのステラシリーズは、ダイハツのムーブのOEM車ですが、新しくなった「e:sテクノロジー」のしっかりと受け継ぎ低燃費が進化しました。
ライバル比較
ステラシリーズのベース車両となるムーブの最大のライバルといえばスズキのワゴンRですが、そのワゴンRにもOEM車としてスズキ以外の自動車メーカーから販売されているマツダのフレアという軽自動車があります。

このページの先頭へ戻る