ステラ モデルチェンジ

ムーブのビッグマイナーチェンジで大きく変化

ステラ,モデルチェンジ

現行のステラとステラ・カスタムは、2011年に発売された2代目ステラシリーズとなっていますが、2012年12月に行われたムーブのビッグマイナーチェンジによって同じく大きく変化を遂げました。
今回の変更点の中で目玉となるものは、スマートアシストと呼ばれる安全性を向上させるための装備とい新しい「e:sテクノロジー」による低燃費装備です。
スマートアシストは軽自動車初となる衝突回避支援システムとなっており、低速域衝突回避ブレーキ、誤発進抑制制御装置、先行車発進お知らせ機能、VDCで構成されています。
一方、新しい低燃費装備として注目を浴びるのが、CVTサーモコントローラーと早い段階からエンジンが停止する新しいエコアシストでこれによってかなりの燃費性能の向上を実現することができるようになりました。
それ以外にも全車に大径フロントディスクローターと前後スタビライザーを搭載することによって操縦安定性をよくするとともに、防音材の配置を効率よくしたために静寂性も向上することができました。
インパネ周りも今まで不評だったセンターメーターを廃止し、視認性の良いドライバーの目の前に移動するなどドライビング環境も質の良いものとなりました。


ステラのモデルチェンジ、マイナーチェンジ関連ページ

グレード
ステラのグレードは系統別に分けると3つあり、ステラの「L」、ステラ・カスタムの「R」、そしてステラ・カスタムの中のターボモデルである「RS」となっています。
燃費
スバルのステラシリーズは、ダイハツのムーブのOEM車ですが、新しくなった「e:sテクノロジー」のしっかりと受け継ぎ低燃費が進化しました。
ライバル比較
ステラシリーズのベース車両となるムーブの最大のライバルといえばスズキのワゴンRですが、そのワゴンRにもOEM車としてスズキ以外の自動車メーカーから販売されているマツダのフレアという軽自動車があります。

このページの先頭へ戻る