スペーシアのモデルチェンジ

軽トールワゴンの先駆車といわれた「パレット」の後継モデル

スペーシア,モデルチェンジ

スペーシアなんてどこかの私鉄の特急電車みたいな名前がついていますが、
この車は全くの新型車ではなく、軽トールワゴンの先駆車といわれた「パレット」の後継モデルとして発売された車です。

 

スペーシアが発売されたのは、2013年3月です。
車名は全く別のものとなった割には基本的なものは先代のパレットのものを受け継ぎ、
一見パレットのマイナーチェンジかと思わせるほどデザイン的には非常に似ている車です。

 

しかし、実はエンジンからプラットフォーム、ボディまで全く新しいもので構成されているので
実質的には全く違う車となっています。

 

先代のパレットと同様に子育て中のファミリー向けに作られたこの車には、
パレットにも増して更なる便利機能が追加されたのは言うまでもありません。
更にうれしいのは、燃費を向上させたといううたい文句で販売しているのにもかかわらず、
ちゃんとターボエンジンモデルを用意したのは、スズキらしいところです。

 

見た目の変化は抑えながらも、全てが新しいもので構成され、
室内を更に広く、燃費を更に向上させたこの車は、まさしくパレットの正常進化版とということができるでしょう。


スペーシアのモデルチェンジ関連ページ

スペーシアのグレード
スペーシアには3つのグレードが用意されており、最上級モデルはターボエンジンを搭載しています。
燃費
スペーシアの燃費性能には、エネチャージをはじめとするスズキの技術が光ります。ターボエンジンなのにエコカー減税対象なのが驚きです。
ライバル
スペーシアと同じトール型軽ワゴンの車と言えばN-BOXでしょう。スペーシアとN-BOXはガチのライバルと言えます。

このページの先頭へ戻る