プレオ モデルチェンジ

ヴィヴィオの後継車種プレオ

プレオ,モデルチェンジ

スバルのプレオが発売されたのは1998年のことで、従来モデルのヴィヴィオの後継車種として作られてました。
この初代プレオは完全なスバル製の軽自動車で、スバルらしい走行性能をも考えたセミトールワゴンとして発売されていました。
2代目となったのは、2010年4月のことで2008年に締結した業務提携の一環としてダイハツのミラのOEM供給を受ける形となりました。
従って、それ以降の変更スケジュールなどは全てダイハツのミラと同じものとなります。
ただし、ダイハツ・ミラが発売されたのは2006年12月でかなり前のことになるのでプレオとして発売されるまでの変更点などは全て行われた形となっています。
プレオとなってから行われた変更は、廉価グレード設定やCVT制御の変更など、そしてプレオの魅力をそぐ形となったターボモデルの廃止です。
これはベース車両のミラでも行われたことなので仕方がないのですが、軽自動車のNAエンジン車ほど頼りない車はないので非常に残念でなりません。
しかし、ミラとしても本モデルがそろそろ7年目となり、フルモデルチェンジも予測されることからプレオも近いうちに何かしらの大きな動きがありそうですので、そちらに期待したいところです。

 

 


プレオのモデルチェンジ関連ページ

グレード
スバルのプレオのグレード設定は、大きく分けて標準グレードのプレオと特別モデルのプレオ・カスタムに分けることができます。
燃費
プレオの実燃費はだいたい16km/Lぐらいは走る車が多いので、最新型の低燃費エンジンを搭載した車とそれほど大きな差があるということではないようです。
ライバル比較
プレオはダイハツのミラのOEM車として存在していますが、そのミラの永遠のライバルであるスズキのアルトも同じようなOEM供給をしているキャロルという車が存在します。

このページの先頭へ戻る