プレオ 評価

プレオ

プレオ,評価

価格

86.0 万円 〜  99.7 万円  >>プレオのインターネット見積り

カタログ燃費

21.6〜24.2km/L (JC08モード)

メーカーサイト

http://www.subaru.jp/pleo/pleo/index.html

プレオをお得に購入するには

おすすめ低金利カーローン

安く乗り換える常識

知らないとプレオが実質10万円ほど高くなります

プレオとミラ

プレオはダイハツ・ミラのOEM供給車としてスバルから販売されている車ですが、プレオならではの変更はあまりされていないようです。
まず、車種についてはミラシリーズが「ミラ」「ミラ・カスタム」「ミラ・バン」を用意しているのに対して、プレオも「プレオ」「プレオ・カスタム」「プレオ・バン」と名前が違うだけで全く構成は同じです。
しかし、乗用車としての「プレオ」と「プレオ・カスタム」のグレード構成は、ベースのミラよりも数が多い設定となっています。
ミラのグレードは4種類で、「X Special」「X」「X Limited」とそしてミラ・カスタムとしての「X」が用意されています。
それに対してプレオのほうは、全部で6種類で「F Special」「F」「L Special」「L」「L Limited」「R」となっていますがそのうち4種類は、CVTがマニュアルミッションかのトランスミッションの違いによって分けられたもので、装備面からいえばミラと同じように4種類となっています。
このグレード構成のほかに違う点といえば車名やメーカー名のエンブレムだけでほとんどをミラと同じとしていいるようです。

細かいところの気配り

プレオ,評価

プレオにはミラ譲りの長い軽自動車の経験が生かされている部分がたくさんあります。
それは、エンジンとかボディ形状などという目立ったものではなく、「こんなところにこんなものがあればいいな」とか「こうなっていたら便利なのになぁ」という細かい要求を満たしてくれるような装備がたくさんついているということです。
例えば、操作のしやすいレイアウトがされたインパネ周りや随所に設けられたポケットなどの収納スペース、乗り降りの際に足をひっかけやすいドア開口部を低くしたステップ、約90度まで開くことができるドアなど普段、車を使っているときでも何気なく不満に思っている部分のほとんどに対策が取られています。
特に女性の方が乗る場合などに気になるのがドライビングポジションで、それもチルト機能がついているステアリングホイールにシートの座面の高さを調整できる運転席シートリフター、シートベルトの高さを調整できるアジャスタブルショルダーベルトアンカーを装備しているので体の大きなお父さんが運転しても小柄なお母さんが運転しても簡単に調整することができるのです。
さすがに軽自動車というものを理解している自動車メーカーが作った車、かゆいところに手が届くといった感じがします。


NAながらハイパワー

プレオは現在のところNAエンジンの設定しかないのですが、2011年の夏まではターボエンジンモデルも販売していました。
これはミラのマイナーチェンジによるものなのですが、660ccという小さなエンジンを搭載した軽自動車にとっては、ある意味片方の羽根をもぎ取られたようなものです。
非力な軽自動車のエンジンで普通乗用車と同じような車の流れに乗るためには、ターボは不可欠で、それがないということはいささか不安を感じてしまいます。
しかし、プレオのエンジンスペックを見てみるとNAエンジンながら58psというパワーを発生させているのには驚かされました。
通常、軽自動車のNAエンジンといえば52psかそれ以下というのが当たり前になっているのですが、プレオのエンジンは更に6psのパワーがあるのです。
一般的に見るとたかが6psですが、非力な軽自動車としてみればそれは非常に大きな違いで、このパワーであればなんとか車の流れに乗れそうな気がします。
確かに64psのターボエンジンと比べると物足りなさは感じてしまいますが、このパワーユニットであればターボなしでもいけそうな気がします。

プレオとプレオ・カスタム

プレオ,評価

プレオは標準モデルのほかにスタイリッシュモデルとしてプレオ・カスタムという車があります。
これはベース車両のミラ・カスタムに相当するもので外観や内装などに特別な装備をおごったものとなります。
外観はカスタム専用のフロントバンパーやフロントグリル、サイドシルスポイラーやルーフスポイラーなどがつけられ、リヤバンパーも形状は同じですが若干デザインの違うものが与えらえています。
装備としては、4灯式のHIDヘッドランプや専用バンパーに埋め込まれたフォグランプ、専用デザインのリヤコンビランプなどを備え、ウィンカー付ドアミラーやリバース連動のリヤワイパーなどで安全性も向上させています。
内装面では、本革巻きステアリングホイールにマルチインフォメーションディスプレイを備えた3連メーター、黒基調のインテリアカラー、ベンチシートタイプのフロントシートなどが与えられています。
足回りには唯一14インチアルミホイールが標準装備されているのも大きな特徴となっており、他のグレードのものと明確に差別化されています。
ただ、残念なのがオーディオレスが標準で他のグレードのようにインテグレーテッドCDプレーヤー&AM・FMチューナーが付けられていないので、必要におうじて別途取り付ける必要があります。


物足りなさを感じる

1998年に発売された初代プレオといえば、スバルが作る軽自動車の中でも、非常に動力性能が優れている車として有名で、軽自動車でありながらリッタークラスの車をかもれる「じゃじゃ馬」のような車として扱われていました。
それには、自然吸気エンジンのほかに、低回転過給型スーパーチャージャーや通常のスーパーチャージャーを搭載した過給機モデルが存在したことが大きく、中には直列4気筒DOHCにスーパーチャージャーを搭載した高性能モデルもありました。
しかし、2代目となる現在のプレオを見てみると最近までターボエンジンがあったとはいえ、現在では自然吸気エンジンしかラインナップされておらず、更にはOEM供給車の悲しい宿命でスバルお得意の四輪駆動システムも使われていないというのは非常に残念に思います。
エコブーム真っ只中ですが、日産がGT-Rという怪物を作ったようにスバルにも過去のモデルのようなとんでもない軽自動車を作ってもらいたいものです。
それ以前に早くOEM供給車からの呪縛から解き放たれてもらい、スバルオリジナルのプレオを作ってもらいたいと思います。

プレオ,評価

プレオ,評価
  • 軽自動車は人気なので安くならない
  • 新車の値引き額は相場が決まっている
  • 販売店に下取りしてもらおうと思っている
そう考えているあなたは、余分にお金を支払うかもしれません。

プレオ,評価

プレオの評価記事一覧

プレオのモデルチェンジ

スバルのプレオが発売されたのは1998年のことで、従来モデルのヴィヴィオの後継車種として作られてました。この初代プレオは完全なスバル製の軽自動車で、スバルらしい走行性能をも考えたセミトールワゴンとして発売されていました。2代目となったのは、2010年4月のことで2008年に締結した業務提携の一環としてダイハツのミラのOEM供給を受ける形となりました。従って、それ以降の変更スケジュールなどは全てダイハツのミラと同じものとなります。ただし、ダイハツ・ミラが発売されたのは2006年12月でかなり前のことになるのでプレオとして発売されるまでの変更点などは全て行われた形となっています。プレオとなってから...
続きはコチラ

プレオのグレード設定

スバルのプレオのグレード設定は、大きく分けて標準グレードのプレオと特別モデルのプレオ・カスタムに分けることができます。プレオには全部で5種類のグレードがあり、最廉価グレードといえる5速マニュアル車の「F Special」、バニティミラー付きのサンバイザーやUVカットガラス、電動格納式ドアミラーを追加した「F」、CVTの最廉価グレードの「L Special」、カラードドアハンドルや電動格納式ドアミラー、3連メーターなど追加したCVTの標準モデルとなる「L」、更にオートエアコンやキーレスエントリーなどを追加したCVTの上級グレードとなる「L Limited」などがあります。プレオの特別バージョンと...
続きはコチラ

プレオの燃費

プレオに搭載されているエンジンはダイハツ社製軽自動車の中心的なエンジンであるKF型で、ダイハツの軽自動車の長い歴史と共に熟成されてきたエンジンでもあります。しかし、このエンジンは新型車種であるミラ・イースのKFエンジンとはベースは同じですが、パーツの材質や設計が全く違うエンジンで、プレオに搭載されているものは1つ前の世代のエンジンだということができます。従って、現在の軽自動車の燃費のような30km/Lに近いような性能は持ち合わせておらず、ミッションや燃料制御、可変バルブタイミング機構などでお茶を濁しているような形となっています。とはいってもJC08モードで燃費で最大24.2q/Lという数値は立...
続きはコチラ

プレオとキャロルのライバル比較

プレオはダイハツのミラのOEM車として存在していますが、そのミラの永遠のライバルであるスズキのアルトも同じようなOEM供給をしているキャロルという車が存在します。ベース車両がライバルならOEM車同士もライバルとなりうるのではないでしょうか。マツダのキャロルもほとんど変更点を与えられていないOEM車ですので、ほとんどアルトと同じと見てよいかと思います。この両車は、ボディスタイルや大きさ、動力性能、使い勝手などとてもよく似ている車同士ですが、1つだけ大きく違う部分があります。それは、車のイメージです。キャロルのほうは過去の人気を取り戻そうとしているのか、どちらかというと女性をターゲットしているよう...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る