ムーブ マイナーチェンジ

5代目ムーブのビッグマイナーチェンジ

ムーブ,マイナーチェンジ

2010年12月に発売された5代目ムーブシリーズは、2012年12月に非常に大きなマイナーチェンジを行いました。

 

マイナーチェンジといっても、外観はフロント周りが大きく変更されたものの基本的なボディは同じなのですが、
その中に収まる安全装備や低燃費が全く違うものとなっているのです。

 

従って通常のマイナーチェンジのように若干パーツが違うだけのものとは違って、
今回のビッグマイナーチェンジではほとんどの内部パーツは別物で、
パーツの流用やマイナーチェンジ前のモデルに後付けするということなどはできません。

 

マイナーチェンジ前とマイナーチェンジ後の大きな違いは、
イーステクノロジーを活用した燃費向上と運動性能の向上、
そして安全装備の要といえるスマートアシストが付けられたことです。

 

スマートアシストには
フロントグリル部に取り付けられているレーザーレーダーを使った低速域衝突回避支援ブレーキ、
誤発進抑制制御、先行者発進お知らせ機能、VSC&TRCの4種類の機能が含まれます。

 

これらの装備などを付けたことによって、更なる低燃費と安全性の向上が見込まれます。

 


ムーブのモデルチェンジ・マイナーチェンジ関連ページ

グレード
ダイハツ ムーブには、標準モデルのムーブとカスタムモデルのムーブカスタムの2種類があります。
燃費
ダイハツムーブは、めまぐるしい技術の進歩でハイブリッドカーに匹敵するようなハイレベルの低燃費性能を持つようになりました。
ライバル比較
ムーブとワゴンRはお互いに最大のライバルです。モデルチェンジの時期も拮抗していることから、料メーカーが意識していることは間違いありません。

このページの先頭へ戻る