ミラココアの燃費

ミラココアの燃費

ミラココア,燃費

ミラ・ココアにはKF型と呼ばれるダイハツの軽自動車用の主力エンジンが搭載されていますが、このエンジンは2009年発売当時のものと2012年4月以降のものとでは違うものが搭載されています。

 

当初のKF型エンジンは現在のものと基本的には同じものですが、最低限の低燃費装備しかつけられていないので、燃費も現行型よりも若干悪いものとなっていました。その代わりといってはなんですが初期型のエンジンはNAでも最高出力58psという軽自動車用NAエンジンの中でも一番パワーのあるエンジンとなっていました。

 

しかし、更なる低燃費性能を向上させるために2012年4月のマイナーチェンジの際に「e:sテクノロジー」を応用した新型KFエンジンに置換され、エコアイドルや減速エネルギー回生装置を付けたことによって燃費はJC08モードで最大26.0km/Lとなりました。

 

それによってエンジンパワーも若干パワーダウンを余儀なくされ、52psというものとなりましたが、果たしてこの選択が正しいかどうかは疑問です。
確かに低燃費は非常に魅力的ですが、ターボがついていないだけでもパワーが足りていないのに更にパワーダウンをするのは、軽自動車にとっては大きなデメリットになることでしょう。


ミラココアの燃費関連ページ

モデルチェンジ
1999年に発売された「ミラ・ジーノ」の後継車がミラココアになります。
グレード
ミラ・ココアには標準モデルの「ココア」シリーズと、ドレスアップモデルの「ココア・プラス」が用意されています。
ライバル比較
ダイハツのミラココアとスズキのラパンは見た感じの印象が良く似た軽自動車どうしです。ミラココアとラパンの違いは何でしょうか?

このページの先頭へ戻る