ライフ グレード

ライフのグレードは2モデル

ライフのグレードは標準モデルとエアロモデルに分けることができます。
全てのベースとなる標準モデルには2つのグレードがあり、廉価グレードの「C」と上級グレードの「G」があります。

 

「C」グレードは、贅沢な装備がすべて削られたグレードで価格も唯一100万円台を切る98万円という購入しやすいグレードです。その「C」グレードにスマートキーシステムやチルトステアリング機能、LEDハイマウントストップランプ、電動格納式ドアミラーなどの装備を追加したのが上級グレードの「G」となります。

 

エアログレードは、「DIVA」といい、特別な外装パーツを備えたモデルです。標準モデルの「G」の装備にHIDヘッドランプ、バンパー内蔵型のフォグランプ、ドアミラーウィンカーなどの外装装備に専用スポーツシートに専用インテリアパネル、フルオートエアコンなどのインテリア装備を標準装備したもので、更にターボエンジンを搭載した「DIVA・ターボパッケージ」が用意されています。

 

全車ともFFとフルタイム4WDの駆動方式が設定されており、4WDモデルには4WDならでは装備も追加されています。

ライフとライフ・DIVA

ライフには標準モデルと特別な外観パーツをあしらったDIVAというモデルが存在します。

 

DIVAは標準モデルに専用のエアロパーツや内装パーツなどを付けたもので、標準モデルよりも若干スポーティに振ったものということができます。外観は基本的なところは同じとし、それにフォグランプ内臓型フロントバンパーにフロントグリル、専用サイドスカートに専用リヤバンパーなどがつけられており、全体を引き締めるテールゲートスポイラーも標準装備されています。

 

足回りは標準の155タイヤ13インチスチールホイールより一回り大きな165タイヤに専用の14インチのアルミホイールを履いており、足元もデザイン的に引き締まった感じがするモデルです。

 

それ以外の装備にも特別なものが与えられており、ヘッドランプはHID、ハイマウントストップランプはLED、ドアミラーウィンカー、フルオートエアコン、運転席のハイトアジャスターなどが追加装備され、ターボモデルには革巻きステアリングホイールが更に追加されています。

 

ターボモデルを選べるのもDIVAだけでこのターボモデルがライフ最強の車となっています。

i-DSIエンジン

ライフが搭載しているエンジンは、先代である4代目ライフから受け継がれたP07A型エンジンというものが搭載されています。このエンジンは、4代目ライフが登場した時にE型エンジンの後継エンジンとして初めて登場しました。直列3気筒で2バルブのSOHC動弁機構を持つこのエンジンにはi-DSIという技術が使われています。

 

i-DSIというのは、簡単にいえば1つのシリンダーに2つのスパークプラグがつけられているもので、それまでの2プラグシステムとは違って同時に点火するのではなく、若干点火タイミングをずらして点火することによって、効率の良い燃焼状態を作ることができるシステムです。それによって圧縮比を高くすることができ、安定したトルク特性や低燃費、低排気ガスを実現することができました。

 

ただ、今ではi-VTECという更なる低燃費技術が開発されているので、新たな車に取り付けられるというものではなく、もうすでに過去の産物と化しています。ということはその技術を使ったエンジンを搭載しているライフという車も、ホンダの中では過去の車として扱われているということです。

ライフのグレード構成関連ページ

モデルチェンジ
ライフはホンダの創成期を代表する車ですある、「N360」の後継車として作られた車です。
燃費
ホンダらしい走行性能を犠牲にしてまで、燃費を向上させたいという意思がないので、燃費に関してはごく普通の数値に留まっています。
ライバル比較
生産が終了しているスズキのフロンテがありますが、兄弟車のアルトがライバルとして挙げられます。

このページの先頭へ戻る