ジムニー 燃費

ジムニーは、道なき道を走るように作られた車で、
他の軽自動車のような舗装されたきれいな道をのんびり走る車ではありません。
従って、最優先される事項は乗り心地やキャビンの広さ、低燃費などではないのです。

 

オフロードを走りきるためには

丈夫なボディとトラクションを確実に確保することができるサスペンション、
低めのギヤ比を持ったトランスミッションというのが定番となっていますが、
当然力強いエンジンパワーも必要になっています。

 

ジムニーの搭載されているエンジンは、
スズキの軽自動車の定番エンジンとなっているK6A型エンジンで
それにインタークーラーとターボを付けたターボエンジンとなっています。

 

ターボエンジンはNAエンジンと比べて燃費が悪いというのが常識ですが、
軽自動車の660ccという小さなエンジンから作られるパワーでは当然パワー不足で、
ターボの力を借りなければパワーを稼ぐことができないのです。

 

このようなことからジムニーに優れた燃費を求めること自体が愚かなことですので、
JC08モード燃費で14.8km/Lという性能でも納得しなければなりません。

ジムニーの燃費関連ページ

グレード
ジムニーの選択肢は標準か上級グレードのシンプルな2つの選択肢になります。
モデルチェンジ
現行ジムニーは3代目ですが、1970年の発売から非常に長いスパンでモデルチェンジをしている息の長い車です。
ライバル
昔のジムニーのライバルならパジェロミニでしたが、新車市場ではライバルと呼べる存在はありません。

このページの先頭へ戻る