ジムニー グレード

自分で改造派は標準グレードがおすすめ

ジムニーのグレード構成は至ってシンプル、標準グレードの「XG」と上級グレードの「XC」だけで、
軽自動車や低価格車でおなじみの装備の違いだけによるグレード構成となっています。

 

標準グレードの「XG」にはジムニーの魅力を感じることができる最小限の装備が付けられており、
贅沢を望まなければこのグレードでもよいのですが、
更なる快適な環境を望むのであれば上級グレードの「XC」がおすすめです。

 

「XC」には「XG」の装備に加えて、
フロントバンパーに埋め込まれた形でつけられているマルチリフレクタータイプのフォグランプや
ボディ同色のサイドアンダーミラー、ボディ同色電動格納式ヒーテッドドアミラー、ルーフレール、
ボディ同色のドアハンドルなどのエクステリアパーツに、CDプレーヤー付きラジオ、
2スピーカーシステム、アンテナなどの快適装備、3ポジションラゲッジルームランプやリヤシートヘッドレスト、
インパネ周りの収納スペースなどのインテリアパーツが追加されています。

 

ガラスも「XC」となると全面がUVカットガラスとなっており、リヤ周りのガラスはスモークドガラスとなっています。

 

ジムニーを買ったままで乗る方であれば「XC」のほうがよいかと思いますが、
購入後自分の手でいろいろ手を入れていく場合は、
むしろ何もついていない「XG」のほうが楽かもしれません。

ジムニーのグレード構成関連ページ

燃費
ジムニーは燃費を中心に考えない軽自動車ですから、軽自動車の中では燃費性能は高くありません。
モデルチェンジ
現行ジムニーは3代目ですが、1970年の発売から非常に長いスパンでモデルチェンジをしている息の長い車です。
ライバル
昔のジムニーのライバルならパジェロミニでしたが、新車市場ではライバルと呼べる存在はありません。

このページの先頭へ戻る