デイズ 燃費

デイズの燃費

デイズ,燃費

デイズの先代モデルとなるオッティもそのオッティの兄弟車のeKシリーズもふたを開けて見ればすべて三菱車、三菱は基本的にあまり低燃費に積極的なメーカーではなく、それによって売り上げもあまりよくなかったのです。従って、先代オッティも燃費が良いといえるような車ではなかったので、軽自動車界で一歩遅れた車となっていましたが、2012年ぐらいから三菱は、さすがに低燃費でなければ売れないということで、今度はガソリンエンジンナンバーワンの低燃費を誇るミラージュを発売しました。

 

その流れからか今回、NMKVによって作られたデイズとeKシリーズは、燃費にも気を遣うようになり、いろいろな低燃費装備が付けられるようになりました。エンジンにおいては、3B20型という「i」に搭載されたエンジンに吸気側・排気側両方にMIVECを搭載し、アイドリングストップ機構も減速時からエンジンが止まる「コーストストップ機能付オートストップ&ゴー」を採用したことによって、先代モデルよりも約8km/Lも上回る29.2km/Lという低燃費を発揮するようになったのです。

 

これによってライバル車になるであろうダイハツのムーブシリーズやスズキのワゴンRシリーズとやっと肩を並べた形になりました。


デイズの燃費関連ページ

グレード
デイズのグレードは大きく分けて3つのシリーズに分けることができます。
モデルチェンジ
デイズは日産が販売していた三菱のeKシリーズのOEM車オッティの後継車種になります。
ライバル比較
デイズのライバルは、トールワゴンのヒンジドア軽自動車であるダイハツのムーブになります。

このページの先頭へ戻る