デイズ グレード構成

デイズのグレード構成

デイズ,グレード構成

デイズのグレードは大きく分けて3つのシリーズに分けることができます。
1つは標準モデルとなるモデルで、廉価グレードの「J」、標準グレードの「S」、そして標準モデル最上級グレードとして「X」があります。

 

2つ目は、日産お得意のハイウェイスターグレード、標準モデルと同様に廉価グレードの「ハイウェイスターJ」から標準モデルの「ハイウェイスターX」、上級モデルの「ハイウェイスターG」がありますが、更にこのハイウェイスターのみに用意されているのが、ターボエンジンを搭載した「ハイウェイスターGターボ」です。ハイウェイスターGターボ以外のグレードは標準装備となっている装備が違うこととオプション設定の違いによるもので、価格が高いほど装備が充実しています。

 

そして最後のものは、これも日産お得意としているライダーモデルで、他の日産車のライダーの様なパワーアップはされていませんが、専用の内装・外装パーツによってライダーオリジナルのデザインとなっています。ライダーのベースとなるモデルはハイウェイスターモデルの「ハイウェイスターJ」「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターGターボ」となっており、どれも標準的なデイズとは違う雰囲気を醸し出しています。

 


デイズとデイズ・ハイウェイスター

デイズには、スポーティモデルとしてデイズ・ハイウェイスターが用意されています。三菱でいうところのeKカスタムにあたるもので、NAエンジン搭載モデルとターボエンジン搭載モデルが用意されています。
ハイウェイスターといえば日産のミニバンやワゴン系に用意されることの多いスポーティーな外観を持つドレスアップモデルですが、最近では、ワゴン系の車にとどまらずいろいろな日産車に用意されています。
その1台として発売されているのがデイズ・ハイウェイスターで、この車の特徴は主にエクステリアパーツによる外観のドレスアップです。
一番印象深いのが派手にメッキ加工されたフロントグリルで、セレナやエルグランドに通ずるものがあります。
もちろんフロントグリルだけでなく、その土台となるフロントバンパーやヘッドライトアッセンブリー、サイドスカート、ルーフスポイラーなどハイウェイスターらしいスポーティなものとなっています。
インテリアにもとくべるなものが与えられ、インテリアカラーもシート生地も専用品ですし、メーターもタコメーターつきの二連メーターとなっています。
ターボエンジンを選ぶと自然とこのハイウェイスターを選ぶこととなりますが、その上のライダーを選ぶという手もあります。

ライダーの魅力

兄弟車である三菱のeKシリーズには相当するものがないグレードに「ライダー」というものがあります。
ライダーは日産がワゴン系の車種に用意する特別車両で、その製造には日産車の特装車を手掛けるオーテックジャパンによって作られます。
いろいろな車種にライダーグレードは用意されていますが、車種によってはパワーアップされたり、ボディ剛性を向上させたりしていますが、ほとんどのライダーは、ハイウェイスターの更に上を行くドレスアップモデルとして作られているようです。
その中の1台がデイズ・ライダーで、ハイウェイスターモデルをベースにかなり派手なメッキパーツを多用した車となっています。
軽自動車という立場からパワーアップやボディ剛性アップなどは行われておらず、もっぱら外装パーツと内装パーツによってドレスアップされているだけのものとなっていますが、デイズのライダーははっきり言って納期を待って高いお金を払ってまで購入する魅力はなく、それだったらハイウェイスターモデルを購入して、自分で好きなパーツを付けたほうがよいと思います。

デイズのグレード構成関連ページ

モデルチェンジ
デイズは日産が販売していた三菱のeKシリーズのOEM車オッティの後継車種になります。
燃費
デイズの燃費はダイハツのムーブシリーズやスズキのワゴンRシリーズと肩を並べるレベルまでアップしました。
ライバル比較
デイズのライバルは、トールワゴンのヒンジドア軽自動車であるダイハツのムーブになります。

このページの先頭へ戻る