アルト モデルチェンジ

アルトのモデルチェンジ

アルト,モデルチェンジ

アルトシリーズはスズキ車の元祖ともいえるスズライトの血を強く受け継ぐ軽自動車です。
アルトが初めて発売されたのは1979年のことで、現在の7代目に至るまで様々なモデルを発売してきました。
その中でも2代目アルトの派生車種であるアルトワークスは、当時の軽自動車最強と言われたDOHCターボエンジンにビスカスカップリングセンターデフを備えたフルタイム4WDシステムで公道だけでなく、ラリーやダートトライアルなどのグラベルをステージとしたモータスポーツにも引っ張りだこになっていました。
現在のアルトはそのようなスポーツモデルはなく、逆に低燃費を目指したアルト・エコというエコモデルが存在するだけとなりました。

 

7代目アルトが発売されたのが2009年12月、その派生車種であるアルト・エコが発売されたのが2011年11月でどちらも大きな変更点などは与えられず、グレードの追加や特別仕様車の追加、小変更などの小さな変更だけで現在に至っています。
発売から既に4年以上たっていますが、意外と売れ行きが好調なこととアルト・エコが比較的新しい車であることから、今しばらくはフルモデルチェンジの予定はなさそうです。


アルトのモデルチェンジ関連ページ

グレード
アルトにはグレードが4種類、アルト・エコには3種類のものがあり、どちらも装備の有無によるグレード分けがされています。
燃費
アルトシリーズの燃費性能は、標準モデルとエコモデルでは大きな差が生まれています。
ライバル比較
スズキ アルトの最大のライバルとなっているのはダイハツのミラです。どちらも軽のベースとなる車です。

このページの先頭へ戻る