N-BOXプラス グレード

N-BOX+(プラス) のグレード構成

N-BOXプラス,グレード

N-BOX+のグレード構成はN-BOXのものとほぼ同じ構成となっていますが、唯一違うのがターボモデルの拡張です。
N-BOX+の標準モデルにはN-BOXと同様の標準グレードの「G」、豪華装備の上級グレードの「G・Lパッケージ」があり、更にN-BOXとは違う点として標準モデルにもターボエンジン搭載の「G・ターボパッケージ」が用意されています。

 

エアログレードのN-BOX+カスタムには、これはN-BOXと全く同じような、標準グレードの「G」、上級グレードの「G・Lパッケージ」、ターボエンジン搭載の「G・ターボパッケージ」があります。
更にグレードと呼べるほどのものではありませんが、N-BOX+の「G・Lパッケージ」と「G・ターボパッケージ」には「2トーンカラースタイル」という設定があり、ボディカラーも内装も2色づかいのデザインがされています。

 

どのグレードにも駆動方式としてFFとフルタイム4WDが用意されており、この辺もN-BOXと全く同じとなります。標準モデルであるN-BOX+にもターボエンジン搭載モデルを用意したのはうれしいことで、N-BOXと比べてとかく荷物が多くなりがちな遊び車のN-BOX+としては、NAエンジンでは絶対的にパワーが足りなくなるのは目に見えているのです。


N-BOX+とN-BOX+カスタム

N-BOX+にはN-BOXと同様に専用外装パーツを付けたバージョンとしてN-BOX+カスタムがあります。
N-BOX+とN-BOX+カスタムの違いは、N-BOXとN-BOXカスタムの違いと同じようなもので、外装はフォグランプ付の専用フロントバンパーに専用フロントグリル、HIDヘッドランプ内臓のヘッドランプアッセンブリーなどで迫力あるフロント周りになっており、サイド周りはウィンカー付ドアミラーにメッキドアハンドル、専用サイドガーニッシュ、専用のアルミホイールで引き締められています。

 

リヤ周りは、専用ルーフスポイラーと専用テールランプアッセンブリー、専用ガーニッシュ、専用リヤバンパーなどがつけられていますが、どれもN-BOXと共通のものか似たようなデザインが使われているので、N-BOXとの外観からの差別化があまりされていません。

 

内装は、N-BOXのものと同じようにN-BOX+はアイボリー基調の内装色が与えられており、それに対してN-BOX+カスタムにはブラック基調のものが与えられています。インテリアパネルも基本的にはN-BOX+カスタムのみの設定になっていますが、N-BOX+にしかない「2トーンカラースタイル」にはN-BOX+カスタムと同様のインテリアパネルと、ボディカラーに合わせた2色づかいのインテリアカラーが使われています。

軽自動車には必需品のマニュアルモード

N-BOX+に搭載されているトランスミッションは、ホンダが今回の「N」シリーズ用に開発した新型ミッションであるCVTが搭載されています。中でもターボモデルにはマニュアルモードがついており、セレクターレバーとステアリングホイールにつけられているパドルシフトで操作することができるようになっています。

 

軽自動車のファミリーカーに、マニュアルモードにパドルシフトなどとスポーティな装備は必要ないと思われがちですが、軽自動車につけられているマニュアルモードはスポーティーな走りをするためではなく、非力なエンジンのカバーをしているに過ぎないのです。
660ccという少ない排気量のエンジンでは、一段のギヤで対応できる速度域は非常に限られており、スムーズな動きをすることができるパワーバンドも非常に狭いのです。
CVTは通常、速度やエンジン回転数、アクセル開度などから判断して自動的に変速していくものなのですが、それはあくまでも機械が判断したものでドライバー全てが納得するような変速をするのは難しことなのです。
従って、パワー内のエンジンを有効に使うということ、ドライバーの好きな変速をするためのモードだと理解すればよいと思います。

N-BOX+(プラス)のグレード構成関連ページ

モデルチェンジ・マイナーチェンジ
ホンダのN-BOX+(プラス)の原型が発売されたのは2012年7月のことで、N-BOXの車いす仕様車がN-BOX+の原点です。
燃費
N-BOX+(プラス)の燃費は、低燃費化競争が激しい軽自動車としてはそれほど悪い数値ではないのですが、N-BOXより重量分悪くなります。
ライバル比較
ホンダの N-BOX+(プラス)のライバルというのは厳密にはないもかもしれませんが、あげるならダイハツのタント・スローパーではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る