N-BOXプラス モデルチェンジ・マイナーチェンジ

モデルチェンジ・マイナーチェンジ

N-BOXプラス,モデルチェンジ,マイナーチェンジ

N-BOX+(プラス)は、2011年の12月に発売されたN-BOXをベースにした「N」シリーズの第二弾として登場した軽自動車です。
N-BOX+のコンセプトは「新しい可能性をプラスする」、まさにコンセプト通りに、軽自動車に遊びのエッセンスを加えた車となりました。キャンピングカーのようなRVとも、アウトドアスポーツなどに重宝しそうなクロスオーバーSUVともいえるような、非常にユニークな車で、まさに遊び車といってもよいでしょう。

 

基本となっているのは同社のトールワゴンタイプの軽自動車であるN-BOXで、基本的なところはそのままでセカンドシートやラゲッジスペースの使い勝手を遊びに特化したものに変更しています。

 

発売はN-BOXに遅れること約7か月後の2012年7月でその約一か月半後に車いす仕様車が発売されました。実のこの車いす仕様車がN-BOX+の原点で、車いす仕様車を作るのにコストがかかりすぎることからそれに近い形のものを遊び車として発売し、販売台数を稼いでコストの拡散をするために考えられたのがN-BOX+なのです。従って特徴的な斜めのフロアは車いすを載せるときに使われるものだったのです。

 

発売以来、現状では特に変更を加えれらたところはなく、新車発売の時と同じものが売られています。今後はベース車両のN-BOXと同時に、いろいろな改良が加えられていくことになるでしょう。


N-BOX+(プラス)のモデルチェンジ・マイナーチェンジ関連ページ

グレード
N-BOX+(プラス)のグレード構成も、標準モデルとカスタムモデルに分かれていて、ターボエンジン搭載モデルもあります。
燃費
N-BOX+(プラス)の燃費は、低燃費化競争が激しい軽自動車としてはそれほど悪い数値ではないのですが、N-BOXより重量分悪くなります。
ライバル比較
ホンダの N-BOX+(プラス)のライバルというのは厳密にはないもかもしれませんが、あげるならダイハツのタント・スローパーではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る