N-BOX 燃費

N-BOXの燃費

N-BOX,燃費

N-BOXにはふたつのエンジンが用意されており、メインとなっているのがNAのS07A型エンジンとなっています。
このエンジンはロングストローク型で更に連続可変バルブタイミング機構がつけられており、エンジン単体でも燃費の向上を果たしています。更にアイドリングストップ機構がつけられているので、JC08モード燃費で最大22.0km/Lを実現しています。

 

しかし、この数値を見てみると現在の軽自動車としてはそれほど優れた値ではないのですが、それはあまりにも周りの軽自動車が「低燃費」に特化した作りとしているからで、通常の軽自動車とすればほどほどに優れていると思います。

 

もう1つのエンジンであるターボエンジンはインタークーラーを備えており、自主規制値の64psを発揮するパワフルユニットですが、最大18.8km/LというJC08モード燃費を上げており、ターボエンジンにしてみればそれほど低い数値ではありません。
残念ながらターボモデルにはアイドリングストップ機構がつけられていないのですが、ターボエンジンを選ぶくらいであればそのようなものはいらない、という方が多いのではないでしょうか。


ホンダN-BOXの燃費関連ページ

グレード
N-BOXのグレード構成は、標準モデルとカスタムモデルに分かれていて、ターボエンジン搭載モデルもあります。
マイナーチェンジ
ホンダのN-BOXが発売されたのは2011年12月のことで、ホンダの新しい軽自動車の形である「N」シリーズの第一段として発売されました。
ライバル
ホンダのN-BOXのライバルというのは厳密にはないもかもしれませんが、挙げるのならダイハツのタントではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る