N-BOX マイナーチェンジ

スーパートールワゴンN-BOX誕生

N-BOX,マイナーチェンジ

ホンダのラインナップにはなかったトールワゴンスタイルの軽自動車の穴を埋めるべく考えられたのが、スーパートールワゴンと呼ばれているN-BOXです。
発売されたのは2011年の12月のことで、ホンダの新しい軽自動車の形である「N」シリーズのだ一段として発売されました。

 

基本的なものは東京モーターショーに出品された「N CONCEPT 1」と「N CONCEPT 2」とほぼ同じで、「N CONCEPT 1」がN-BOX、「N CONCEPT 2」がN-BOX+という形になり、コンセプトカーがそのまま市販されたような形となりました。

 

発売当初からN-BOXとその特別外装バージョンであるN-BOXカスタムの二本立てとなっており、その後の2012年7月には、N-BOXを多用途化したN-BOX+が発売されました。

 

その後は、発売されてからまだそれほど時間がたっていないということと、もともと完成度が高いことから細かな変更点なども含めて、変更点は与えられていません。フルモデルチェンジもまだだいぶ先のこととなりますが、この車をベースにいくつもの派生車種が作り出されることとなるでしょう。

 


N-BOXのモデルチェンジ・マイナーチェンジ関連ページ

グレード
N-BOXのグレード構成は、標準モデルとカスタムモデルに分かれていて、ターボエンジン搭載モデルもあります。
ライバル
ホンダのN-BOXのライバルというのは厳密にはないもかもしれませんが、挙げるのならダイハツのタントではないでしょうか。
燃費
N-BOXの燃費は、低燃費化競争が激しい軽自動車としてはそれほど優れた値ではないのですが、軽自動車の中ではそこそこの数値で燃費は良好です。

このページの先頭へ戻る